設立趣意書

生活文化研究所設立趣意書(要約)

 人間的生活の営みの原点としての生活文化の伝統と、その未来的展開の可能性を、地域に根ざして研究することは、わたしたちの未釆にとって欠くことができない課題であります。

 福祉の充実は、このような生活文化の質にもとづくことが、ますます明らかになってきています。
 もとより、このような地域性・伝統性の見直しは、懐古や地域ナショナリズムとは異り、生活行動様式における深層的要因の重視に他なりません。

 そのために、わたしたちは食・衣・住を中心に、遊び・身体・心・システム(食・衣・住・遊・身・心・営)という、人間生活の根本の要素にかかわる伝統性・地域性を重視し、それと相関する未来および国際化の中での生活文化の様式を学際的に研究する、開かれた研究の場の必要を痛感するものであります。

 ここにわたしたちは、この試みをすすめるため、新たな研究所を発足させることとしました。

 この研究所は、以上の趣旨に賛同し、この研究活動に参加する研究者・実務家と、このような研究に関心をもつ人びとが共同して運営するものであり、その成果は、生活文化の開発にかかわる各分野に提供するとともに、ひろく市民に普及することとします。(1979年5月7日)

生活文化研究所とは

アーカイブ